姿勢の教室 沖縄・那覇、美容姿勢士®️養成スクール

腰痛、反り腰、ぽっこりお腹は3つの筋肉の使い方で変わる!

腰痛、反り腰、ぽっこりお腹 3つの筋肉で変わる

目次

反り腰・ぽっこりお腹は、腰痛にもつながる

 

<姿勢で多い悩み>

・猫背(肩こり)
・反り腰(腰痛)
・ぽっこりお腹(便秘、尿漏れなど)

 

反り腰は、背骨が大きく曲がるので、腰の負担がとても大きくなります

反り腰

左:反り腰、右:自然な腰

反り腰 自然な腰

左:反り腰の過剰な湾曲、右:自然な腰の湾曲

 

 

なぜ反り腰になるのか?

 

体の柱(骨)を支える
「奥の筋肉(インナーマッスル)」が使われていないから
もりしまみなこ
もりしまみなこ

 

体は意識して使わないと
・過剰に使う筋肉
・あまり使わない筋肉
がうまれます。

 

よく使う筋肉は「頑張らなきゃ」と発達し
使わない筋肉はたるむ、もしくは硬くなります。
インナーマッスルは意識しないとあまり使う事ができないのです。

 

 

反り腰をなおす筋肉

 

骨格を支えている筋肉を使えるようになると反り腰はなおります!
骨の支える筋肉(インナーマッスル)は、意識しないと使われなくなります。
だから筋肉の位置と役割を知って『意識して使う』のです

 

●体を支えている筋肉たち
姿勢の教室 沖縄 那覇

 

 

自己流だと姿勢筋は使えない

 

私たちは「自分の体」の使い方を習っていません。
だから姿勢が自己流になります。
もりしまみなこ
もりしまみなこ

 

自己流であるがゆえ
筋肉の「たるみ」と「過緊張」が生まれやすい!

 

生徒さんたちの100%がうまく使えていない筋肉があります。

それは骨盤周辺にある
・腹横筋
・骨盤底筋群
・腸腰筋姿勢に重要な中心軸を担う筋肉たちです。

 

 

<3つの筋肉が使えていないと>
・腰痛
・反り腰
・ぽっこりお腹

につながります。

 

3つの筋肉が使えると上記の3つは改善されます。
*おまけに便秘、尿漏れ、生理痛なども改善されていきます。

歩く、立つ時の不安定さもキツさも改善されます。

「体ってこんなに楽になれるんだ?」
という魔法の筋肉たちです。

もりしまみなこ
もりしまみなこ

生徒さん達も「体が楽になった」との声が多く、効果はバツグンです!
使わなきゃもったいない!のです。

 

 

反り腰、腰痛、ぽっこりお腹の改善法

 

1)3つの筋肉が使えているかをチェック

<自分でもできるチェック方法>
①立ち姿勢を前後、左右から写真を撮る
②歩く姿を動画で撮る

 

このチェックで、3つの筋肉の状態が
すぐにわかります。

①立ち姿勢の写真で前後、左右の姿をチェック
・左側のシルエットだと使えています。
・真ん中、右側のシルエットだと使えていません。姿勢の教室 沖縄 那覇
②歩き方を動画を撮り、足の上げ方をチェック
歩幅が狭い、ダラダラと歩いて見える、ペタペタ歩いているなどは、特に腸腰筋・お尻の筋肉が使えていません姿勢の教室 沖縄 那覇

 

使えていなかった方は、下記の
「筋肉の位置と役割を知る」を参考にして下さいね。
*3つの筋肉のうち、今回は腸腰筋についてご説明します。

 

ぽっこりお腹、反り腰も軽減します
生理痛、残尿感、尿漏れ、便秘が改善したという感想も多く頂いています。
不調がびっくりするぐらい変わりますよ

 

 

2)筋肉の位置と役割を知る

 

3つの筋肉たちを使えるようになるには
『位置』と『役割』を知ることが重要姿勢の教室 股関節を意識する
例えば)

腸腰筋
位置:お腹の一番奥にあります
役割:足を上げ下げする、背骨や骨盤を支えています

 

筋肉の「位置」「役割」を知ることで
効率よく筋肉を使えるようになります!

 

 

3)生活の中で自然に筋肉が使える体の動かし方を実践する

使えていなかった筋肉を使うには
体の使い方を変える必要があります。
難しいことではありません。
ちょっとした工夫なのです。しかし多くの方が実践していません。
なぜなら「自分の体の使い方」を習ったことがないから。
だから姿勢のくずれ、不調に繋がっています。

*ぜひ3つの筋肉が効率よく動く「体の使い方」を生活の中で実践してくださいね。

 

 

 

「体の使い方」の工夫で、太りにくくなる!

●腹横筋、骨盤底筋群、腸腰筋が使えるようになったMさんの立ち方の変化

姿勢の教室 沖縄 那覇 印象が全然違いますよね!
ちゃんと備わっている筋肉たちが使えれば、見た目印象も全然変わります。

 

●もりしまみなこのビフォーアフター

姿勢の教室 沖縄 那覇 32歳の方が老けて見えます。
スタイル(体の引き締まり)も47歳の方がいいです。
違いは「筋肉がうまく使えているかどうか」【32歳の頃】
肩周り、太ももの筋肉ばかり使って、お腹や骨盤底筋はうまく使えていません。【47歳の頃】
体の使い方を工夫し、全身の筋肉をうまく使って生活しています。ハードな運動はしていません。

年齢を重ねるから老るのではなく
筋肉を使わないから老けて見えるのです。

 

 

何をやっても反り腰がなおらない理由

体の使い方は、どこを動かしたいのか?を意識し、イメージすることが大事です
もりしまみなこ
もりしまみなこ

 

姿勢を変えるのは
難しいイメージがあるかもしれません。

 

「動画や本でやってみたけど変わらない」
「ヨガやパーソナルトレーナーさんに学んだけど元に戻った」

という方は多いです。

 

変わらない原因は
①どこの筋肉をつかっているか?知らない
②毎日の生活動作(体の使い方)を変えていない*姿勢は日々の体の使い方の積み重ねでできています

 

逆を言えば
①②さえできれば
何歳からでも姿勢は変わりますよ!

さぁ!未来を変えましょう

 

あわせて読んで頂きたい「反り腰」の記事

・反り腰とは?1番初めにやめること|「姿勢よく」がまねく誤解!自ら生み出している反り腰をやめる

・反り腰の治し方「姿勢良く胸を張る」の間違いとは

 

 

まずは、姿勢改善メソッドを体感ください
無料体験レッスン開催中

姿勢の教室詳細ページより、無料体験レッスンへお進みください

体験レッスン

 

 

姿勢のお悩み解決!3シリーズ

姿勢のお悩み解決シリーズとして、下記内容の記事を書いています。
他のお悩みについても参考になれば嬉しいです

1、猫背、肩こり、頭痛を解消しちゃう!3つのコツ

2、腰痛、反り腰、ぽっこりお腹は3つの筋肉の使い方で変わる!(本日お読み頂いた記事)

3、O脚、ペタペタ歩き改善!すぐにできちゃう「歩き方」の3つのポイント

 

↓姿勢が気になるかたはこちら↓

<大好評!>
【猫背解消メソッド】
猫背が解消した心地よさを体験
(個別姿勢分析・改善アドバイス付)

pickup記事

カテゴリー

シリーズ:受講生の変化

シリーズ:姿勢の考察

シリーズ:感想